サイトマップへ100CLUBトップへコンセプトゾーンフードショップゾーンへクラブハウスゾーンへ
100CLUBトップページへ
コンセプトゾーン・トップへ

私たち100CLUBの主張 Opinion...6
犬や猫たちは肉食動物です!

犬や猫たちは肉食動物です!

人間の食べ物と同じ次元では語れない

私たち人間は、生産効率にすぐれかつ少量で高カロリーが摂取可能な米や小麦などの穀物を主食としてきたことで、種の存続に必要な食物の安定的な確保を可能にし、すべての動物の頂点に立つことができたと言われています。
しかし、高カロリーでありながらアミノ酸バランスの悪い穀物を主食とする私たちは、健康を維持するためにさまざまな食材を副食として摂らなければなりません。これに対して捕食動物は、一生命体として完成された草食系の動物を食べるため、アミノ酸バランスに優れ、人間のようにさまざまな食材を摂る必要がないのです。
このことは、動物たちの進化の過程の中で、身体の造りや能力に大きな影響を与えてきました。さまざまな食材を食べ消化する必要のあった人間の腸が長いのに対して、草食系の動物をまるかじりすることで栄養摂取を行ってきた捕食動物の腸が短くなったというのも、その現れでしょう。さらに人間は、穀物を消化するために、唾液や胃腸からアミラーゼというデンプン消化酵素を分泌しますが、肉食動物である犬や猫たちにはなく、そのかわりタンパク質の消化に重要な機能を果たしていると言われるペプシノーゲンという物質が分泌されています。つまりかれらには、もともと穀物を消化するための十分な機能が備わっておらず、タンパク質を多く含む肉類を受け入れる機能が備わっているのです。

肉食するのは自然の摂理

地球上にはじつに多くの生命体が存在し、それぞれが異なった摂食行動を行い、その食材を栄養として消化吸収するのに適した機能を身につけてきました。それは5億年という進化の流れの中で、ほ乳類だけでなく鳥類や魚介類、は虫類にも、「草食」「肉食」の区分けを生みだし、現在の食物連鎖による生態系をつくりあげてきたのです。それはまさに自然の摂理ともいうべきもので、私たち人間が軽率にコントロールしてはならないものだと思うのです。
ここでもう一度、犬や猫たちが本当に健康を維持し、長生きしていくためにどんな食生活が望ましいかを考えてみてください。本来、肉食動物として、自然の生態系の一部であった犬や猫たちには、どんな食べ物を用意してあげるべきか? 答えはすでに出ているのではないでしょうか?

ページトップへ ページトップへ
i  n  d  e  x
コンセプト
2つのアプローチ3つの確信私たちの主張100CLUB会社概要
私たちの主張