サイトマップへ100CLUBトップへコンセプトゾーンへフードショップゾーンへクラブハウス
100CLUBトップページへ
クラブハウス・トップへ

馬肉で育った「100の子たち」#072、#073、#074


----- -----
#072,073,074 ♂アラン / ビション・フリーゼ (2010年3月30日生まれ)
♂ヨハン / ビション・フリーゼ (2011年9月28日生まれ)
♂テリー / トイ・プードル(享年約16歳)
主な食餌:フレッシュ・コンプリートミンチ・ダイスカット

コメント
現在、我が家には2頭のビション・フリーゼが元気に走り回っております!!
約16歳で星になってしまったトイ・プードルのテリー共々、100CLUB様には本当にお世話になりました。
低体重に下痢が続く状態で迎えたアラン。老衰からくる食欲不振のテリー。フードジプシーにも疲れていた頃の“馬肉”との出逢いでした。
口にまで達する程の酷いアランの涙やけは、今では嘘の様に治ってしまいました。控え目で、面倒見の良い兄、アランと、とにかく甘えん坊で天真爛漫なヨハン。
20年生きられたら奇跡に近い彼らの一生・・・。だから”最良”のものを。
ビション・スマイルがいつまでも見られる様に、これからも末長く宜しくお願い致します!!

-----
#072,073 アランとヨハンPhoto1 #072,073 アランとヨハンPhoto2 #074 テリーPhoto
100CLUBのコメント
ビション・フリーゼは犬の中でも最も血統の古い犬種の一つとも言われています。
原産は地中海の島国マルタ共和国ともいわれ、そうだとするとやはりマルタ島原産といわれるマルチーズの親類なのかもしれません。
トイ・プードルのテリー君は16歳で亡くなってしまったのですが、天寿を全うしたのはSさんの飼養管理の賜物だったのだと思います。
そのテリー君が亡くなる前にアラン君を迎え入れたのも、賢明な飼育の知恵だと思います。
これからは、アラン君、ヨハン君という、飼い主さんのハートを虜にしてしまうほど愛くるしいビション・フリーゼ2頭との、何ともうらやましい限りの生活ですね。
テリー君超えを目指して、正しい食餌、そしてシャンプー、ブラッシングをこまめに行なってあげてください。
仙台にお住まいのSさんは、塩竃のアンジーママ、Kさんからのご紹介でしたね。
3・11の震災は余りにも過酷な体験だったと思います。
用賀のショップにも仙台ご出身のお客様がいらっしゃいます。ご主人はスコットランドのご出身で、昨年は多賀城に何泊かしてボランティアで支援に出掛けたそうです。
犬たちのおかげで、いろいろな素晴らしい方々との縁が繋がっていきます。
前の項目 次の項目