サイトマップへ100CLUBトップへコンセプトゾーンへフードショップゾーンへクラブハウス
100CLUBトップページへ
クラブハウス・トップへ

馬肉で育った「100の子たち」#066


----- -----
066亀治郎
♂亀治郎 / ボストンテリア
 (2009年4月25日生まれ)
主な食餌:DOM・フレッシュ・カスタムフード・ダイスカット
コメント
生後5ヶ月よりずっと100CLUBさんでお世話になっています。
6ヶ月より、トレーナーさんによるトレーニングを受けています。
今はスケボーとフリスビーが大好きなアスリート犬です。
5月にMRI検査の末てんかんの可能性を指摘され、100CLUBさんにも食餌の件で相談をした時はとても不安でしたが、ご指導とおり今まで通りの食餌を変えずストレスをためないよう生活させたところ、お陰さまで、まだ一度も発作が起きずに元気いっぱいです。
-----
#063亀治郎 Photo1 #063亀治郎 Photo2 #063亀治郎 Photo2
----- -----
  今年の夏に本栖湖でワンワン合宿をした時の画像をお送りします。
去年のワンワン合宿の時に初めて泳ぎに挑戦したのですが、その時は半分バタフライ状態であまり上手に泳げなかった亀治郎でしたが、今年は自信満々でスイスイ泳げるようになりました!
-----
#063亀治郎 Photo4
----- -----
  秋には、今までのトレーニングの成果を確認する為に家庭犬の訓練試験を受ける予定です。
ワクチンとてんかんの検査以外は獣医さんのお世話になる事なく、楽しく充実した犬との生活を送る事ができるのも馬肉のお陰です。
先代のキャバリア犬のラッキーは14歳まで生きて最後はしっかり看取ってやれたけれど、ラッキーも馬肉で育ててあげられていたら…… などと思ってしまいます。
亀治郎にはラッキー以上に元気で長生き出来るよう願っています。 これからも本当の意味での「犬の幸せ」の為にご尽力下さいますようお願い申し上げます。
-----
#063亀治郎 Photo5
100CLUBのコメント
ボストンテリアがフリスビー、そして何とスケボーですか。
犬たちが健康であるからこそ、このようなとことん楽しい暮らしが実現するのだと思います。
犬の食餌に馬肉を与えている飼い主さんは、犬たちを飼育している方々の中では圧倒的に少数派に属します。これから一人でも多くのオーナーさんが正しい食餌管理を行うことを願うばかりです。
Hさんのところの亀治郎くんとの日々を想像したとき、愛犬の食餌に馬肉を選択した飼い主さんによって育てられている犬たちは最高の幸せ者だと思わずにはいられないからです。

またまた驚かされました。
亀治郎くんはスイマーでもあったのですね。
実は今、もしかしたら、来年の夏には、亀治郎くんのサーファー姿の映像が飛び込んでくるのではないかと、思わずワクワクしてしまいました。
それにしても「犬の存在力」はすごいなぁ、と思いますし、Hさまご家族の犬との生活を存分に楽しむライフスタイルが素晴らしいのだと改めて考えさせられます。

前の項目 次の項目